TITLE
-

野口染舗 POP-UP
珈琲染め展示販売・染め替え受注会

GUEST
-
DATE
-

2021年4月23日(金) → 2021年5月9日(日)

TIME
-
ADMISSION
-

イベント内容

◼︎珈琲染め 展示販売

1948年創業、着物の仕立てや修繕などを手掛けている、札幌菊水にある悉皆屋(しっかいや)「野口染舗」さんが、カフェで廃棄してしまう珈琲豆を有効利用して、新しい染め物の製作を始められました。

珈琲ならではの色味に染め上がった生地は、着物を仕立てる和裁士さんの手によって、バッグなどの品々に仕上げられます。

 

【珈琲染め】

カフェが盛んな街、札幌。

カフェで提供される珈琲の出がらしから染料を抽出して染め上げています。

自然な色合いは使い込むことで経年変化を楽しむことができます。

持続可能な新たなプロダクトとして企画しています。

 

●5月8日(土)珈琲染めのワークショップを開催いたします。

詳細はこちらへ▶︎「workshop 珈琲染め体験」

 

 

◼︎洋服の染め替え 受注

野口染舗さんが着物の染めの技術を生かして自店舗で取り組まれている「洋服の染め替え」を、会期中に限りヒシガタ文庫でも承らせていただけることになりました。

色褪せてしまったけれど捨てられないコートや、シミがついてしまったジャケットなど、眠っている大切なお洋服をまた蘇らせませんか?

 

※「珈琲染め」とは異なります。

お洋服の素材やご希望に合わせた染料を使用します。

 

※染め替えによるリスクや、染め替えができかねるお品もございます。

お持ち込みの前に、野口染舗さんの「染め替え」についてのページをご確認願います。

http://www.ngsp.co.jp/yofuku-somekae/

 

※染め替えたお品物は、ヒシガタ文庫にて6月下旬頃にお渡し予定です。

 

◯染め替え参考価格

  • パンツ、シャツ、パーカー…5,500円(税込)
  • ジャケット、ショートコート…7,700円(税込)
  • ロングコート…9,900円(税込)
    ※コート丈が70㎝以上の場合はロングコート扱い
  • ワンピース
    膝丈…7,700円(税込)
    ロングタイプ…8,800円(税込)

 

[会期 :2021年4月23日(金)〜5月9日(日)]

 

◆4月24日(土)13:00〜17:00頃

野口染舗5代目、野口繁太郎さんが在店予定です。

染めについてや、プロダクト、立ち上げられたブランドについてなど、店頭でぜひお話しされてみてくださいね。

 

 

申し込み方法

【workshop 珈琲染め体験】

会期初日[4月23日(金)正午]より、

ヒシガタ文庫オンラインショップにて受付いたします。

詳細はこちらへ ▶︎http://hishigatabunko.com/event/coffeesomews_210508/

 

【洋服の染め替え】

注意事項をお読みの上、会期中にお洋服をヒシガタ文庫へお持ちください。

http://www.ngsp.co.jp/yofuku-somekae/

 

著者

【 野口染舗(のぐちせんぽ)】

創業1948年、着物の仕立て、クリーニング、シミ抜きや染め直しといった修繕などを手掛けている悉皆屋(しっかいや)。

モノを大切にする文化を次の世代へ伝える取り組みとして、染めの技術を活かし「洋服の染め替え」も提案。

ハンカチやふろしきなどを自分で染める【染物体験】なども行っており、子供から大人まで幅広い年代の方々にモノづくりの楽しさを伝えている。

〈野口染舗Webサイト〉

http://www.ngsp.co.jp/

〈Instagram〉

・野口染舗

@noguchisenpo

・コーディネート

@kimono_noguchisenpo

 

[ 野口繁太郎 ]

野口染舗5代目

2006年に野口染舗(のぐちせんぽ)へ入社。

2013年に「日本人と着物の間に出来てしまった距離を縮める」ことをブランドコンセプトにしたカジュアル着物ブランドShi bun no San(シブンノサン)を立ち上げる。

その中のアイテム「JUBAN Tシャツ®︎」は【おもてなしセレクション2016】を受賞しShi bun no Sanの必須アイテムになる。

また、北海道の着物メーカーでは初であろう伊勢丹新宿本店でのPOPUPを皮切りに関東・中部・関西へとPOPUP SHOPの展開を広めていく。

また、着物文化の継承と新たなる発展をテーマとして「着付教室」「茶BAR」「工場見学」「染物体験」などを様々な企画を提案。

染物体験では子供から大人まで楽しめる企画を積極的に行い「モノづくり」の楽しさや「考えて制作する」ことの大切さを伝える活動も行っている。

〈Instagram〉

・野口繁太郎

@shigetaronnguchi

・Shi bun no San

@shibunnosan.official