2016.12.08 Thu
-

贈り物の季節

 

12月も中旬に近づき、いよいよ今年も残すところあと3週間ほどとなりました。札幌は、この数日で一面真っ白な雪に覆われ、あっという間に銀世界へと変わりましたね。

 

クリスマスや年末のご挨拶など、何かと贈り物の多い12月。ヒシガタ文庫の本棚には、クリスマスの絵本やクリスマスカード、贈り物にお薦めの作り手の心を感じる雑貨たちが並んでいます。

 

こちらは、月毎にテーマを決めて選書している本のコーナー。12月のテーマは「贈る」。実用書から小説、絵本にいたるまで、幅広いジャンルの本をご紹介しています。

 

present_4

 

この時期にぜひ読みたいクリスマスの本も、色々と取り揃えております。店頭にある本を少しだけご紹介します。

 

present_3

 

『サンタクロースってほんとにいるの?』
子ども時代に誰もがもつであろうこの疑問を、楽しい親子の会話で紐解く一冊です。

 

『サンタクロースっているんでしょうか?』
8歳の少女から新聞社へ届いた1通の手紙。「サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?」1897年に、ニューヨーク・サン新聞が社説で答えた実話。目に見えないものを信じる心について考えさせてくれる1冊。ぜひ、大人にも読んでほしいお話です。

 

『子うさぎましろのお話』
サンタさんからもう1つプレゼントをもらいたくて、体に炭をこすりつけ、別のうさぎになりすまして、うそをつく子うさぎのましろ。子うさぎとサンタクロースの会話から、親子のやり取りを考えさせられる絵本です。

 

こちらは、クリスマスストーリーをロバート・サブダが再現したしかけ絵本『クリスマスのおはなし』。思わずため息が出てしまうような、とてもとても美しいしかけ絵本です。

 

present_1

 

ジャン・ピエンコフスキーのメリーゴーラウンド絵本『ファースト・クリスマス』。キリスト降誕の話を、本を360度開いて、紐で閉じ、回転させながら読むことができます。天井から吊るして展示してもステキですよ。

 

present_2

 

12月は、クリスマスパーティーや忘年会など、ホームパーティーに呼ばれる機会も多くなりそうですね。お土産に喜ばれそうな、フランス北西部のブルターニュ地方の農家のりんごで作られたシードルなど、パーティーにも役立つ飲み物やお菓子も並んでいます。

 

present_5

 

お世話になった方やご友人、ご家族への贈り物に、もちろん自分のご褒美に、子どもから大人まできっと喜んでいただける本や雑貨をご用意しております。
ぜひ、店頭に足を運んで、お手に取ってみてくださいね。


Written by m-homma

 

2016.11.18 Fri
-

The book tree for Christmas!

11月も後半へ入り、雪もちらちらと降り始め、今年もクリスマスの足音が聴こえてきました。街はクリスマスイルミネーションで彩られ、ご家庭でもサンタクロースからの贈り物について話が弾んでいるのではないでしょうか。ヒシガタ文庫の店内も、クリスマスモードに包まれています。

 

christmas_1

christmas_2

 

店内には、昨年ご好評いただいた、本を積み上げて作られた“クリスマスブックツリー”も登場しました!装丁の美しい洋書や文学全集などの本をうず高く重ねた、もみの木を使わないクリスマスツリー。ツリーの周りには、プレゼントにもおススメの暖かいニット小物やクリスマスにまつわる小物が並べられています。

 

 

christmas_3

christmas_4

 

クリスマスプレゼントの渡し方はお国によってそれぞれですが、ツリーの下に置かれたプレゼントをクリスマスの朝に開ける習慣もあるとか。そんなワクワクした気持ちで、クリスマスの贈り物を選んでいただけたらと思い、本棚には手仕事を感じられる様々な雑貨が並べられています。暮らしを豊かにする本や雑貨、お子様向けのものから、大人の男性や女性へ向けのものまで、幅広い暮らしのモノたち。

 

christmas_5

 

絵本や木のおもちゃ、折り紙など、お子様へ向けられたユーモア溢れる楽しい雑貨も多数取り揃えています。

 

christmas_6

 

christmas_7

 

こちらは、当店でも大人気のTAKIBI BAKERYのラスク。お味は、黒糖、ココナッツ&バター、ビターチョコレートにエスプレッソシナモンの4種類あります。その他、山本佐太郎商店のかりんとうやサブレなど、素材を吟味した美味しいお菓子も多数ございます。

 

ぜひ、ブックツリーの下で、贈る相手に思いを馳せながら、ゆっくりとお手に取ってみてくださいね。

 

 


Written by m-homma

 

2016.08.01 Mon
-

太陽とTシャツ

 

子供達は髪の毛を汗でびっしょりと濡らしながら今日も元気に駆け回っていますね。
そんなはじける夏にぴったりな可愛らしい色使いのキッズTシャツをご紹介したいと思います。

 

こちらのTシャツ達のデザインは、札幌市西区にある知的障害のある方々の通う「ともに福祉会」で“創作”の時間に生み出された作品の一部です。

 

tshirts_2

おとぼけ顔の「本を読むおにいさん」

 

tshirts_1

カラフルな色使いの「さかな」

 

自由な色使いに大胆な線。他者を意識しない無垢な表現はなるほど!の連続です。

 

チャリティではなく「かわいいから」「使いたいから」欲しいと思ってもらえるようにデザインされています。

 

「本を読むおにいさん」は、沢山ある素敵な作品集の中からヒシガタ文庫にぴったりな黄色い鼻がかわいらしいとぼけたお顔のおにいさんを選び、特別に作っていただきました。

こんなシンプルな線画なのに目、鼻、口のすべての配置が最高にかわいくて、ギャラリーに何気なく飾られていた絵だったのですが、迷わずに決めさせていただきました。

 

こちらのおにいさんを描かれたのは私と同年代のゆかさん。

気分が乗らないときは何十枚もグルグルだけを書き続けるだけだったりすると職員の方から伺っていたので、このおにいさんを描いたときはきっととても気分がよかったんだろうなとこちらまでHAPPYが伝わってくるイラストです。

 

カラーはホワイトとグレー、サイズは100、110、120の3サイズ展開になります。

 

tshirts_3

おにいさん:110サイズ着用 3歳 身長104cm 体重18kg
さかな:100サイズ着用 4歳 身長96cm 体重15kg


Written by e-taguchi

 
 

2016.05.14 Sat
-

1周年

oneyear

2015年5月22日にオープンしたヒシガタ文庫。
おかげさまで1周年を迎えることができました、ありがとうございます。

これからも色々な物語を皆様にお届けできるように準備いたしますので、2年目のヒシガタ文庫もよろしくお願いします◇


Written by s.tanio

 
3 / 3123